2016年10月24日月曜日

10月23日 山元夢ファームでお手伝い

みなさん、こんにちは。(^-^)

今回は10/23(日)に行われた東北学院大学災害ボランティアステーションさん企画の宮城県亘理郡山元町山元夢ファームイベント運営ボランティアの活動をお手伝いしてきました。

桑の葉に関するお手伝いということで、僕は"茎取り"をお手伝いさせてもらいました。

桑の葉についている茎と、硬い、または大きい葉脈を取り除き、葉を細かくする作業です。




この作業の前に、桑の葉の収穫と乾燥があり、この作業の後に、焙煎と袋詰め、シール貼りなどなどの作業をして、桑茶として、商品になります。

桑茶はとってもスッキリとした味わいで、桑が程よく香る感じがとても美味しかったです。



お昼には手作りのオムライスをいただきました。美味しそうだったために、写真を撮るより前に、かけてしまいました。(´∀`*)





この棚は夢ファームさんにいらっしゃる方が先日作成したそうです。日曜大工のできる人って羨ましいですよね。(?´ロ`?)
実は机も作成されたそうです。




お手伝いに行ったのに、お茶やオムライスまで頂いてしまいましたね。でも、その分、茎取りは頑張らせていただきました。

お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。(^-^)








2016年10月13日木曜日

10月1日 やまもと福祉まつりに参加しました

みなさん、こんにちは。(^o^)

今回は10/1に山元町で行われた「やまもと福祉まつり」のお手伝いをさせていただきました。


いくつかのお店が出店していて、はらこ飯や新そばのようなしっかりとしたご飯から、

餃子や焼き鳥のような人気のある一品、

チョコレートブラウニーやパウンドケーキのようなあま~いものまで、

美味しそうなお店がたくさんありました。(^p^)


その中でもHARUがお手伝いさせていただいたのは、フワフワであまーい、綿あめのお店です。


NPO法人のADRA Japan さんと協力して綿あめをつくりました!

子どもはもちろんのこと、ご年配の方にも味わってもらうことができました。

最初は形も整いませんでしたが、やってくうちに上達して、綺麗に作ることができるようになりました。(^○^)

外にはたくさんの出店が並んでいましたが、体育館では、様々な団体さんのブースがあり、

子ども達のポスターの展示などがおこなわれていました。

また、館内のステージでは時間ごとに出し物もおこなわれていました。

その中で、やまもと民話の会の方による民話を聞くことができました。

ウグイスの兄弟、座頭橋、そして大豆のお話です。個人的にはウグイスの兄弟のお話が印象的でした。

夢ファームさんが行っていた餅つきも少し体験させてもらいました。


最後は参加者が体育館に集まって、山元音頭を踊りました!

たくさんの人でひとつのことをするのはやっぱり楽しいですね。

やまもと福祉まつりは来年も行われる予定だそうなので、是非みなさんも来てみてくださいね!



2016年9月11日日曜日

9月7日 長崎Sip-Sさんと活動

こんにちは。HARUの今野です。

9月7日は長崎Sip-Sさん、長崎の学生さんと石巻で活動しました。

長崎Sip-Sさんは長崎の学生団体で、

長崎の学生さんを対象とした東北への派遣活動をされています。

派遣の中の「現地の学生団体との交流」というプログラムにおいて、

2013年から毎年、HARUが一緒に活動をさせていただいています。

今年も仮設住宅の集会所で足湯カフェを開催しました(*^_^*)



朝、石巻駅で合流してから、大橋仮設と大森仮設の2グループに分かれました。

みんなで協力して会場の設営をおこない、

足湯カフェ開始までの間に、足湯のレクチャーをさせていただきました。


みなさん熱心に聞いていてくださいました(*^_^*)

大橋仮設では、足湯カフェの開始前から(レクチャーをしている間から)住民の方が集まり始め、

終始にぎわっていましたよ~。



長崎のみなさんは住民の方とにこやかに交流されていました(*^_^*)

石巻のおじいちゃんおばあちゃんも、

普段なかなか接する機会のない長崎の学生さんとお話をしてとても楽しそうでした!

長崎のおみやげ(カステラ♪)もおいしそうに召し上がっていましたよ~。

また住民の方のご厚意で、仮設のご自宅を見学させていただきました。


実際に仮設住宅の現状を感じる貴重な体験となったのではないかと思います。

ありがとうございました。

一方、大森仮設もなかなか盛り上がっていたようです。


震災から5年半が経過した今でも、

遠い長崎から東北を想っていてくれることに感謝の気持ちでいっぱいです。

そして「わたしたちもがんばらなくては!」と改めて感じさせられます。

この繋がりをこれからも大切にしていきたいですね(*^_^*)

長崎のみなさんありがとうございました!

住民のみなさん、今回もありがとうございました!


2016年8月22日月曜日

8月20日 石巻市ボランティアツアー

みなさんこんにちは (^o^)

今回は東北大学ボランティア支援室SCRUMさんと合同でツアーを行いました!

今回のツアーは仮設飯野川団地班と仮設大森団地班の2つに分かれて行われ、HARUは大森班に参加しました。

大森団地では夏祭りが行われ、様々なボランティア団体が焼きそばやそうめん、五平餅を振舞いました。

ちなみに......
五平餅は中部地方に伝わる郷土料理で、遠く愛知から来てくださったボランティア団体が振る舞ってくれました!


↓こちらは準備の様子です↓


多くのボランティア団体が協力し合い、準備に取り掛かりました。


↓いよいよお祭りがスタートです↓



天候が優れない中、住民やミュージシャンの方々に歌声を披露していただき、会場は大盛り上がりでした!


↓集会所の中も盛り上がっています↓



音楽の力によって、会場全体に一体感が生まれていました ♪( ´▽`)


多くの人々が集まり、一致団結して夏祭りを成功させることができました!

今後も大森団地では継続してボランティアを行って行きます。

次回以降も盛り上げていけるよう、頑張ります
\(^o^)/


2016年6月26日日曜日

6月25日 料理教室と寄席!?

みなさんこんにちは。

5月のミーティングで「料理教室プロジェクト」が正式に発足し、

6/25(土)に、プロジェクト化してから初めてとなる料理教室を開催しました。

場所はいつもお邪魔している石巻市の大橋仮設住宅です。

集会所に到着して会場設営…



2枚目の写真の左側には、なにやら固定されたテーブルと赤い布が…?



さて、記念すべき第1回料理教室のメニューは「おはぎ」だったのですが、

当日の朝にお米の炊飯をしてくださるなど、住民の方には準備の段階から大変お世話になりました。

ありがとうございました(*^_^*)

料理教室というイベントではありますが、こちらから指示をするのではなく、

お話をしながら一緒に、むしろ住民の方にコツを教えていただきながら楽しくつくりました。


おはぎは、あんこ・きなこ・ごまの三種類。


これがわたしのつくったおはぎなのですが、同じテーブルでつくっていたおじいちゃんに、

「あんこがへただな!俵型って知ってるか!」というお言葉をいただきました。

(ちなみに、きなことごまは"まあまあ"という評価をいただきました)

それでも味はどれもおいしかったですよ(*^_^*)



そして今回の料理教室ではただおはぎをつくって食べるだけではなく、なんと寄席をおこないました!

これまでになかった試みで、東北大学落語研究部さんにご協力いただき実現しました。

落語を披露してくれたのは、海亭ぺんぎんさん!



みなさん笑いながら楽しそうにご覧になっていました。

寄席終了後、次回作が楽しみだとおっしゃっている方もいらっしゃいました。

ぜひまた開催したいですね!



住民の方や落語研究部さんのご協力のおかげで充実した活動になりました。

プロジェクト化したことで今後も継続的に活動していくことになりますが、

今回のように住民の方に楽しんでいただけるようにがんばっていきたいと思います。




東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。