2017年2月20日月曜日

2月17日 足湯カフェ@大森仮設

みなさんこんにちは!

2月17日(金)に、石巻部門のメンバー4名で大森第四団地仮設集会所に行き、足湯活動を行いました。

足湯は6名の方にご参加いただきました。


足湯をしながら住民の方とゆっくりお話ししました。

実は今回、私を含め足湯活動への参加がほぼ初めてのメンバーが多く…

先輩からサポートを受けつつ丁寧に行うことを心掛けました。

お昼には住民の方がお餅を焼いてくださいました!


色々なお話をしながら住民の方と美味しいお餅を食べ、集会所に笑顔が広がりました♪

大きいお餅ですがとても噛み切りやすくて食べやすかったです。

さらに手作りの甘酒もいただき、心も体もポカポカになりました。

まだまだ東北は寒い日が続きますが、こういった心が暖まる空間を大事にしたいですね。


2017年1月31日火曜日

1月27日 保育所お別れ会のお手伝い

みなさん、こんにちは!

1月27日に、東松島市の小野保育所というところで、

次の日の1月28日に行われるお別れ会のお手伝いをしてきました


小野保育所は、震災後仮設で保育をされていましたが、

園児の減少などの理由により今回閉所することになってしまいました。


そこで、音楽家の鹿嶋さんという方のもと、

音楽家の皆さんの演奏や子どもたちのお遊戯を披露して、

ありがとうの会を開催することになったようです。


わたしは皆さんに配るお土産の用意や会場の飾り付けをお手伝いしてきました。

カメラマンさんや保育園の先生、牧師さん(!)のお手伝いのもと、

道具のセッティングや飾り付けがされ、華やかな会場になっていきました!☆彡


保育所では子どもたちの声が元気に響いていて、とってもかわいらしかったです!(*^-^*)

わたしも自分の通っていた幼稚園が懐かしくなりました。


思い出の場所が無くなってしまうのはとても寂しいことですが、

また新しく素敵な思い出を作っていきましょうね✨




2016年12月25日日曜日

12月18日 クリスマス会!

みなさんこんにちは!
そして、メリークリスマス♪

今回は「料理教室プロジェクト」の活動に関するご報告です。

クリスマスを目前に控えた12月18日、石巻市の大橋団地仮設にてクリスマス会を開催しました。

プロジェクトとしての活動は2回目。
前回はおはぎ作りと東北大学落語研究部さんにご協力いただき寄席を行いました。

そして今度は、クリスマス会ということでケーキ作りとリース作りの2つの企画を考えました!

当日、開始時刻が近づくと住民の方が続々といらしてくださいました。
中には転居先から足を運んでくださった方も…!

会が始まると、まずは折り紙でのリース作りをしました。

折り方の難しい部分は大学生スタッフがお助けしながら参加者の方と一緒に作りました。


リースが出来たら飾りのベル、リボン、靴下なども折り紙で折っていきます。

そして完成品がこちら!


使う折り紙の色によって個性あふれる作品の数々ができました。
「部屋に飾るね!」と喜んでくださいました(*^^*)

続いてはケーキ作りです!

スポンジケーキに、ホイップクリームや果物を自由にデコレーションしました。


完成したケーキを切り分け、色々なお話をしながらおいしくいただきました(*^_^*)

今回のイベントも参加者の皆さんに楽しんでいただけたようで良かったです。

復興公営住宅などへの移転が進み、仮設団地の規模は縮小していきますが、

私たちHARUは今後も継続して仮設団地での活動を続けていきたいです。


2016年12月23日金曜日

11月6日 マチノワWEEK/東北大学学生ボランティア復興支援活動報告会

みなさん、こんにちは!

11月6日(日)にマチノワWEEK@仙台市市民活動サポートセンターにて、「東北大学学生ボランティア復興支援活動報告会~マチノワWEEK報告~」というタイトルで、スタッフの西塚がHARUの活動紹介と熊本地震支援活動の報告をさせていただきました。

熊本地震の発災以降、東北大学は積極的に学生を派遣し、主に熊本大学のボランティア団体と連携を図りながら支援活動を続けています。東北大学東日本大震災学生ボランティア支援室SCRUMのメンバーが中心となり、HARUのスタッフもこの派遣に参加してきました。マチノワWEEKでは派遣活動全体を概観し、今後の支援のあり方に関して参加者の皆さんと共有しました。

熊本地震支援活動の各派遣の活動報告内容や資料等については以下のサイトをご覧ください。

●東北大学HP「熊本地震被災地支援ボランティア活動報告」(2016.5.24.リリース)
  http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/05/news20160524-01.html

●これまでの派遣活動の報告(IRIDesでの発表資料、活動写真あり)
  https://scrum-tohoku-univ.jimdo.com/活動記録/熊本地震支援/

●東北大学災害科学国際研究所(IRIDes)で行われた活動報告会の様子
  (第1次派遣活動報告)http://irides.tohoku.ac.jp/irides-news/20160530/931
  (第2次派遣活動報告)http://irides.tohoku.ac.jp/irides-news/20160714/1257


HARUの活動紹介では、表面的な活動内容の報告よりも、組織に焦点を当てた発表を行いました。下図は発表資料の一部とその発表内容です。

東日本大震災以降、HARUのスタッフはこれまでどのようなボランティアの視点をもって活動を行い、これからどのような姿勢で活動するべきなのでしょうか。まずは、最低限持つべき価値観をチーム内に共通理解として広める必要があります。私たちは「絶えず対話を通してニーズを把握(アセス)し、活動に落とし込み、振り返り、次の活動につなげる」というサイクルを短期間のうちに円滑に遂行し、長期的な活動になるように目指さなくてはなりません。これは、熊本地震支援活動においても同様のプロセスを踏むことになると思います。


 
 
 
ひとつひとつ丁寧に実施された活動は、次のような因果関係でつながるフィードバックループを描きます。下図はスタッフのモチベーションを起点にした場合のモデルの一例です。事実(被災者の声)だけではなく、スタッフひとりひとりの気づきをもとに活動したり、改善をしたりします。スタッフのモチベーションは、活動内容だけではなく、メンバーとの人間関係や被災された方との信頼関係、活動成果とも関わりをもっています。
 

 
 
震災ボランティアの活動は被災された方との双方向な関係の中で成立しています。活動の根底にあるものにも目を向けないと、いずれ活動(コンテンツ)は形骸化し、一方向的になります。活動の目的も見失い、何のために活動をしているか分からなくなります。
 
そして今、6年目の震災ボランティア団体は大きな壁に当たっています。
(河北新報 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161204_73005.html
 
大事にしたいことは、被災された方とともにスタッフにも配慮した団体を形成すること。
大事にしたいことは、スタッフひとりひとりが活動の意義や目的をはっきりと持ち、活動成果も残せるシステムを構築すること。


マチノワWEEK当日は充実したアドバイスやご意見をいただくことができました。
仙台市市民活動サポートセンターのブログにも載っていますので、ご覧ください。
(サポセンブログ@仙台2016.11.13 http://blog.canpan.info/fukkou/daily/201611/13

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

2016年12月22日木曜日

10月30日 山元町ハロウィンイベント★


だいぶ遅れてしまいましたが…

HARUの1年生メンバーがリーダーを務め、

SCRUMさんと共催でハロウィンイベントを開催しました!

東北大学のニュースに掲載していただきましたので、こちらをご覧ください(*'ω'*)



東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。