2017年8月18日金曜日

8月10日-11日 こでらんね夏まつりのお手伝い

みなさんこんにちは!HARUの関です。
8月というのにも関わらずお天気が悪く涼しい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

わたしたちは、8月10日、11日の2日間、山元町の小平で行われた「こでらんね夏まつり」のお手伝いをしてきました。
こちらは、5月に行われた山元町種まき会議への参加がきっかけで参加させていただくことになりました(ブログ記事「5月28日 山元町未来への種まき会議」)。

「こでらんね」とは、東北の方言で「たまらないほど素晴らしい」といった意味なのだそうです。

10日は事前準備ということで、翌日の本番に向け公園内の飾り付けや清掃などをしました。
箒や熊手を使って落ち葉や雑草を取り除いていきます。


来場者の方に気持ち良く楽しんでいただくために、こういった準備はとても大切ですね!

そして迎えた11日は、朝から悪天候…
しかし、規模は縮小しつつもお祭りは元気良くスタート!

司会の方のとても面白いトークや、音楽や踊りなどの素晴らしいパフォーマンスによって活気がどんどん高まっていきました。

屋台や催し物には来場者の方に楽しんでいただく工夫がたくさん!
シャボン玉やスモークがステージを演出し、盛り上がりを後押しします。

わたしたちHARUは、場所をお借りして子どもたちと一緒に「ポンポンロケット」を作りました。

作り方はとっても簡単です。
トイレットペーパーの芯の片方の穴をビニール袋で覆い、紙コップにペンで好きな絵を描くと世界に一つのオリジナルロケットのできあがり!

芯に息を吹き込んでビニール袋を膨らませ、それを勢い良く手で潰すことで芯に乗せた紙コップが飛んでいく仕組みです。

絵をとても丁寧に描く子、飛距離を競争し合う子…それぞれの楽しみ方で遊んでくれました(*´-`)


お祭りの活気が空にも通じたのか雨も次第に弱まり、最後に行われた抽選会はその場にいた全員がひとつになって大盛り上がりでした。


今回は、山元町の住民の方が1から自ら作り上げる素敵なお祭りに参加することができて良かったです!
冬には同じ小平農村公園で「コダナリエ」というイルミネーションが行われるので、そちらもお手伝いできたらと考えています。



2017年8月9日水曜日

8月5日 夏の遊び隊

こんにちは!HARUの渡邉です。

今回は山元町の夏の遊び隊という、大人も子供も一緒になって遊べるお祭りに参加してきました!
5月におこなわれた春の遊び隊では運営のお手伝いだったのですが(ブログ記事「5月4日 春の遊び隊」)、今回はわたしたちもブースを企画しました(*^^*)

内容は、ダイラタンシー(ゆっくり触ると液体、急に触ると個体になる不思議なもの)・水中シャボン玉・アルソミトラ(飛ばして遊べる折り紙)・踊る紙コップづくりと、少し化学らしいことをしてきました!

東北学院大の方が手伝ってくださり、わたしたちのブースはたくさんの方が来て、遊んでいってくれました。

とくにダイラタンシーという、片栗粉と水だけでできた不思議な感触のものが人気で、悲鳴をあげながら手を入れる子や、いつまでもそこから離れずに触っている子もいました(´∀`)



お祭りには、子どもから大人までたくさんの人が来てくださって、ほかのブースも、皿回しや輪投げ、折り紙やカブトムシ販売など楽しいものばかりで、とっても盛り上がりました。

夕方からは大人の遊び隊ということで、野外ライブが開かれており、こちらも大変盛り上がりました✨
みなさんが楽しめるお祭りというのはいいものですね。

今度は8/11にも山元町で夏祭りが開かれます。HARUもお手伝いとして参加する予定ですので、お楽しみに♪



2017年7月31日月曜日

7月29日 松原管理(草むしり)のお手伝い

みなさん、こんにちは、HARUの飛彈野です。

今回は、6月にも行きました松原での草むしりをしてきました(ブログ記事「6月24日 松原管理(草むしり)のお手伝い」)。
山元町はなかなかの雨で、天気は不機嫌でした。でも、そのおかげで地面がむかるんでいたので、雑草が抜きやすかったです。

そのあとは、てらカフェにお邪魔させていただきました。バナナのタルトをいただきました。サクサクのタルトとバナナが美味しかったです。


草むしりでご一緒させていただいている方と、てらカフェのボランティアに来ている学生さんとお姉さんとお話しながら、ゆっくりと流れる時間を過ごしました。

そのあと、草むしりを一緒にした方のご厚意で山元町を案内してもらいました。
ありがとうございます。詳しい話が聞きたい方はHARUまでご連絡ください(*^_^*)



HARUでは活動への参加者を募集しています!いつでもご連絡ください。それでは、また。


2017年7月26日水曜日

7月23日 山元町でワークショップのお手伝い2

こんにちは、HARUの飛彈野です。(^_^)
今回は山元町で行われたワークショップ(WS)「ハナシマショ。」に参加しました。

5月に山元町で開催された種まき会議に参加した際にお会いした東北大学の本江研究室の方に、お手伝いをしてもらえませんかというお話をいただき、今回参加することになりました。

この日の前日である7/22にもWSが行われていて(ブログ記事「7月22日 山元町でワークショップのお手伝い」)、7/30にも行われる予定になっています。
7/22のテーマは「あの日聞いたりんごラジオ」、7/23のテーマは「はじめての○○(まるまる)」でした。

前日の7/22にも参加したのですが、今回は前回の倍以上の方が参加していました(このWSの前に種まき会議が開催されていたから?)。

僕は聞き役として参加させていただき、当時のお話をたくさんお聞きしました。はじめて食べた粉末スープがめちゃくちゃ美味しかったこと、子どものように遊びを見つけられない大人のために遊びを提供したこと、震災後再開したコンビニで売っていたアイスが溶けていたことなどなど…、たくさん聞かせていただきました。とても書ききれません(#^^#)

僕にとっても、大事な経験になりました。



7月22日 山元町でワークショップのお手伝い

みなさんこんにちは!HARUの関です。

私たちは、先日山元町で行われたワークショップのお手伝いをしてきました。

ひとりひとりの震災体験を語りはじめるワークショップ「ハナシマショ。」
と題したこの企画は、東日本大震災の風化を防ぐため、町民の皆さん自身が震災体験を語り、編集するきっかけを作ることを目的としているそうです。

全3回のワークショップを通して「語る」「聴く」「編集する」を体験し、町民の皆さんの手でそうした活動が継続されていく第一歩となるような内容です。

そのワークショップの第1回目は、7月22日(土)に山元町中央公民館大ホールで行われました。
写真は開始前の会場の様子です。


町民の方約10名がお集まりになり、ワークショップが始まりました。
今回のテーマは「あの日聴いた、りんごラジオ」です。

※「りんごラジオ」とは…
東日本大震災発災10日後から山元町の被災状況やライフラインの情報を報道した臨時災害FM局です。

「りんごラジオ」の開局日(2011年3月21日)、及び小・中学校入学式の日(同年4月26日)に放送された音源を聴き、放送当時の心境や身の回りの出来事について思い出したことをグループごとに語り合いました。

ふせんを使い、参加者の皆さんの体験や思い、語り合いの中で生まれた言葉を書き込んでいきます。
ワークショップが終了する頃には模造紙がふせんでいっぱいになっていました。

最後にテーブルごとに完成した模造紙を掲げて発表し、第1回は終了しました。
貴重な「りんごラジオ」の音源や、町民の方の色々なお話を聴くことができ、とても勉強になった1日でした。
このような町民の皆さんひとりひとりが口を開き、震災体験や現在の心境を語ること、聴くこと、それを継続して行っていく場の大切さを実感しました。

また山元町でこのような企画があれば、積極的に参加していきたいと思います。
お誘いいただいた本江研究室の皆様、当日お世話になりましたスタッフの皆様、ありがとうございました!



東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。