2016年12月25日日曜日

12月18日 クリスマス会!

みなさんこんにちは!
そして、メリークリスマス♪

今回は「料理教室プロジェクト」の活動に関するご報告です。

クリスマスを目前に控えた12月18日、石巻市の大橋団地仮設にてクリスマス会を開催しました。

プロジェクトとしての活動は2回目。
前回はおはぎ作りと東北大学落語研究部さんにご協力いただき寄席を行いました。

そして今度は、クリスマス会ということでケーキ作りとリース作りの2つの企画を考えました!

当日、開始時刻が近づくと住民の方が続々といらしてくださいました。
中には転居先から足を運んでくださった方も…!

会が始まると、まずは折り紙でのリース作りをしました。

折り方の難しい部分は大学生スタッフがお助けしながら参加者の方と一緒に作りました。


リースが出来たら飾りのベル、リボン、靴下なども折り紙で折っていきます。

そして完成品がこちら!


使う折り紙の色によって個性あふれる作品の数々ができました。
「部屋に飾るね!」と喜んでくださいました(*^^*)

続いてはケーキ作りです!

スポンジケーキに、ホイップクリームや果物を自由にデコレーションしました。


完成したケーキを切り分け、色々なお話をしながらおいしくいただきました(*^_^*)

今回のイベントも参加者の皆さんに楽しんでいただけたようで良かったです。

復興公営住宅などへの移転が進み、仮設団地の規模は縮小していきますが、

私たちHARUは今後も継続して仮設団地での活動を続けていきたいです。


2016年12月23日金曜日

11月6日 マチノワWEEK/東北大学学生ボランティア復興支援活動報告会

みなさん、こんにちは!

11月6日(日)にマチノワWEEK@仙台市市民活動サポートセンターにて、「東北大学学生ボランティア復興支援活動報告会~マチノワWEEK報告~」というタイトルで、スタッフの西塚がHARUの活動紹介と熊本地震支援活動の報告をさせていただきました。

熊本地震の発災以降、東北大学は積極的に学生を派遣し、主に熊本大学のボランティア団体と連携を図りながら支援活動を続けています。東北大学東日本大震災学生ボランティア支援室SCRUMのメンバーが中心となり、HARUのスタッフもこの派遣に参加してきました。マチノワWEEKでは派遣活動全体を概観し、今後の支援のあり方に関して参加者の皆さんと共有しました。

熊本地震支援活動の各派遣の活動報告内容や資料等については以下のサイトをご覧ください。

●東北大学HP「熊本地震被災地支援ボランティア活動報告」(2016.5.24.リリース)
  http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/05/news20160524-01.html

●これまでの派遣活動の報告(IRIDesでの発表資料、活動写真あり)
  https://scrum-tohoku-univ.jimdo.com/活動記録/熊本地震支援/

●東北大学災害科学国際研究所(IRIDes)で行われた活動報告会の様子
  (第1次派遣活動報告)http://irides.tohoku.ac.jp/irides-news/20160530/931
  (第2次派遣活動報告)http://irides.tohoku.ac.jp/irides-news/20160714/1257


HARUの活動紹介では、表面的な活動内容の報告よりも、組織に焦点を当てた発表を行いました。下図は発表資料の一部とその発表内容です。

東日本大震災以降、HARUのスタッフはこれまでどのようなボランティアの視点をもって活動を行い、これからどのような姿勢で活動するべきなのでしょうか。まずは、最低限持つべき価値観をチーム内に共通理解として広める必要があります。私たちは「絶えず対話を通してニーズを把握(アセス)し、活動に落とし込み、振り返り、次の活動につなげる」というサイクルを短期間のうちに円滑に遂行し、長期的な活動になるように目指さなくてはなりません。これは、熊本地震支援活動においても同様のプロセスを踏むことになると思います。


 
 
 
ひとつひとつ丁寧に実施された活動は、次のような因果関係でつながるフィードバックループを描きます。下図はスタッフのモチベーションを起点にした場合のモデルの一例です。事実(被災者の声)だけではなく、スタッフひとりひとりの気づきをもとに活動したり、改善をしたりします。スタッフのモチベーションは、活動内容だけではなく、メンバーとの人間関係や被災された方との信頼関係、活動成果とも関わりをもっています。
 

 
 
震災ボランティアの活動は被災された方との双方向な関係の中で成立しています。活動の根底にあるものにも目を向けないと、いずれ活動(コンテンツ)は形骸化し、一方向的になります。活動の目的も見失い、何のために活動をしているか分からなくなります。
 
そして今、6年目の震災ボランティア団体は大きな壁に当たっています。
(河北新報 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161204_73005.html
 
大事にしたいことは、被災された方とともにスタッフにも配慮した団体を形成すること。
大事にしたいことは、スタッフひとりひとりが活動の意義や目的をはっきりと持ち、活動成果も残せるシステムを構築すること。


マチノワWEEK当日は充実したアドバイスやご意見をいただくことができました。
仙台市市民活動サポートセンターのブログにも載っていますので、ご覧ください。
(サポセンブログ@仙台2016.11.13 http://blog.canpan.info/fukkou/daily/201611/13

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

2016年12月22日木曜日

10月30日 山元町ハロウィンイベント★


だいぶ遅れてしまいましたが…

HARUの1年生メンバーがリーダーを務め、

SCRUMさんと共催でハロウィンイベントを開催しました!

東北大学のニュースに掲載していただきましたので、こちらをご覧ください(*'ω'*)



2016年10月24日月曜日

10月23日 山元夢ファームでお手伝い

みなさん、こんにちは。(^-^)

今回は10/23(日)に行われた東北学院大学災害ボランティアステーションさん企画の宮城県亘理郡山元町山元夢ファームイベント運営ボランティアの活動をお手伝いしてきました。

桑の葉に関するお手伝いということで、僕は"茎取り"をお手伝いさせてもらいました。

桑の葉についている茎と、硬い、または大きい葉脈を取り除き、葉を細かくする作業です。




この作業の前に、桑の葉の収穫と乾燥があり、この作業の後に、焙煎と袋詰め、シール貼りなどなどの作業をして、桑茶として、商品になります。

桑茶はとってもスッキリとした味わいで、桑が程よく香る感じがとても美味しかったです。



お昼には手作りのオムライスをいただきました。美味しそうだったために、写真を撮るより前に、かけてしまいました。(´∀`*)





この棚は夢ファームさんにいらっしゃる方が先日作成したそうです。日曜大工のできる人って羨ましいですよね。(?´ロ`?)
実は机も作成されたそうです。




お手伝いに行ったのに、お茶やオムライスまで頂いてしまいましたね。でも、その分、茎取りは頑張らせていただきました。

お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。(^-^)








2016年10月13日木曜日

10月1日 やまもと福祉まつりに参加しました

みなさん、こんにちは。(^o^)

今回は10/1に山元町で行われた「やまもと福祉まつり」のお手伝いをさせていただきました。


いくつかのお店が出店していて、はらこ飯や新そばのようなしっかりとしたご飯から、

餃子や焼き鳥のような人気のある一品、

チョコレートブラウニーやパウンドケーキのようなあま~いものまで、

美味しそうなお店がたくさんありました。(^p^)


その中でもHARUがお手伝いさせていただいたのは、フワフワであまーい、綿あめのお店です。


NPO法人のADRA Japan さんと協力して綿あめをつくりました!

子どもはもちろんのこと、ご年配の方にも味わってもらうことができました。

最初は形も整いませんでしたが、やってくうちに上達して、綺麗に作ることができるようになりました。(^○^)

外にはたくさんの出店が並んでいましたが、体育館では、様々な団体さんのブースがあり、

子ども達のポスターの展示などがおこなわれていました。

また、館内のステージでは時間ごとに出し物もおこなわれていました。

その中で、やまもと民話の会の方による民話を聞くことができました。

ウグイスの兄弟、座頭橋、そして大豆のお話です。個人的にはウグイスの兄弟のお話が印象的でした。

夢ファームさんが行っていた餅つきも少し体験させてもらいました。


最後は参加者が体育館に集まって、山元音頭を踊りました!

たくさんの人でひとつのことをするのはやっぱり楽しいですね。

やまもと福祉まつりは来年も行われる予定だそうなので、是非みなさんも来てみてくださいね!



東北大学地域復興プロジェクト"HARU"は、
東日本大震災からの復興支援・地域再生を目的として結成されたボランティア団体です。
現在は主に、仮設住宅での
支援活動をおこなっています。
東北大学の公認をいただいており、今後も地域に寄り添った活動を続けていく予定です。